忍者ブログ



スポンサードリンク

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク



[ 2018/11/15 03:00 | ]
ケーブル編みのニットポンチョ
ニットポンチョの中でも一番オーソドックスなのがケーブル編みのものです。
多分、初めてニットポンチョを作るのであれば、棒針を使ったケーブル編みが最も無難だろうとも思いますね。
太めの毛糸をしっかり編み込んだニットポンチョなら、例えケーブル編みであっても、かなりボリュームにも保温性にも優れているでしょう。
でも、今頑張って作ってるんですよ、ピンクの手編みのニットポンチョをね。
でもって、運良く向いのコンビニに着て行ける位の出来映えのニットポンチョが仕上がったら嬉しいですね。
でも、どうなんだろう、男の人って、ニットポンチョとか着るのかなぁ。

ニットポンチョは男女を問わず着用出来るデザインのものも沢山市販されていますよね。
でも、ニットポンチョのコーディネイトを楽しんでいるのは、やっぱ女性の方が圧倒的多数でしょう。
男性陣はまだまだ、ポンチョと言えばカッパのような使い方をしている人も少なくありません。
雨降りの日にチャリンコやバイクに乗る時とかに着ている人はよく見掛けるけど、当然ビニール製の防水ポンチョで、ニットポンチョじゃない。
男物のニットと言えば、どうしてもセーターやベストになっちゃうんですよね。
私自身は、ニットポンチョを着て街角を歩いているおしゃれな男性って、あんま見た事ないような気がするなぁ。
因みに、ポンチョというのはインディオの人たちが着る防寒着の事で、首を通す穴が空いている布をざっくり羽織るような形式のアウターをいうのだそうです。

ニットポンチョは袖無しならわりと簡単に編めそうな気はするのよね、編み図とか見てると・・・。
マフラーよりは難しいけど、手袋より簡単そう、これが最初のニットポンチョ編みの私のイメージでした。
実際ニットポンチョを編み始めての感想はというと、結構面白いですよ。
でも、予想通り編み目が全然揃ってなくて、思い切り苦戦してますけどね。
だけど、いいんだ、これが手編みのニットポンチョの魅力なんだぁって開き直ってます。
ここまでガタガタのニット製品は200パーセント市販されてないから、正しく世界に一つだけのオリジナル作品ですよ。
ケーブルニットポンチョについては、既製品も手作りも含め、すごく沢山ブログやサイトで紹介されていますよね。
その作り方からお勧めのポンチョ、そしてそのコーディネイトまで・・・。
そういうブログやサイトも参考に、なんとかいいニットポンチョが出来上がるように頑張っているところで~す。
PR

スポンサードリンク



[ 2011/10/24 15:46 | 日記 ]



<< ニットポンチョの作り方のコツ  |  ホーム  |  ニットポンチョのコーディネイト >>