忍者ブログ



スポンサードリンク

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク



[ 2018/11/15 02:25 | ]
つけまつげと舞台女優

やはり舞台で踊るバレリーナもかなり分厚いつけまつげをつけて踊りますし、宝塚歌劇団でもしっかりとつけています。
そうなると舞台に上る場合には、つけまつげは「役柄」のためにしっかりとつけていることが条件だったのかもしれません。
舞台に上がるときはかなり派手で濃厚なメイクを施す場合が多いですから、目元をしっかりとさせるため、つけまつげは不可欠だったのかもしれません。
舞台に出るときは女優もバレリーナも架空の人物になりきらなければなりませんから、その人物になるためのパスポートがつけまつげなのかもしれません。淡谷さんは、物不足の中で舞台に立つために、自分の髪でつけまつげを作ったというのです。
それだけ舞台に上る人物はつけまつげによって、華やかな美しい存在にならなければならなかったのです。
舞台では女優はどんな役柄であっても華がなければなりませんから、そこでつけまつげは活躍したのでしょう。
つけまつげは女優が役柄になりきるためのパスポートであり、観客を舞台に惹き寄せるためのものだったのではないでしょうか。
ある人が宝塚歌劇団の舞台を「現実の人間が行っている少女マンガ」といいましたが、たしかに少女マンガの人物もつけまつげをしているような目で描かれています。
実際に舞台で使う、つけまつげを普段のメイクでつけてしまったなら、非常におかしな顔になってしまいますが、舞台の上では自然です。
舞台で使うのも、普段のメイクで使うのも、同じはずなのに、その存在感によってはかわっていくのがつけまつげなのです。

つけまつげをつけて舞台に立つことは、自分が異空間の人間になったことを表す記号かもしれません。
たしかに舞台で繰り広げられる世界は現実ではないですから、過剰なつけまつげをつけていても違和感がありません。
過剰で美しいつけまつげをつけている他の人物と言えば、ゲイバーのショーパブのダンサーもそうですね。
異空間である舞台に立って、役柄に入り込むためには、あの少々滑稽でもあるふさふさとした過剰なつけまつげは重要なのです。
PR
スポンサードリンク



[ 2011/07/10 15:33 | つけまつげ ]



 |  ホーム  |  次のページ >>