忍者ブログ



スポンサードリンク

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク



[ 2018/12/10 10:53 | ]
ニットポンチョの作り方のコツ

ならば一つ、可愛い孫娘のニットポンチョを編んでやるかぁっと思ってね。気合いを入れてピンクの毛糸と棒針を買ったんですよね。
それも、奮発してちょっと高級感漂うシルバーのラメ入り毛糸なんぞを買っちゃったんですが・・・。
まあね、仕事が忙しかったとか、母が入院したのでバタバタしていたなど、それなりに言い訳する小ネタはあるにはあるのですが・・・。
結果的には自分のやる気のなさが原因で、未だ孫娘のニットポンチョは影も形もないのだろうと思います。
それで、今年こそは作ってやろうと思って、押し入れの中からその毛糸と棒針一式を出して来ました。
女の子ですし、ウサギかクマさんのようなフード付きの物に仕上げてやれれば、きっと嫁も喜ぶだろうなぁっと思っています。
が、しかし、困った事に私、ニットポンチョどころか、セーターすら編んだ事がないんですよね。

ニットポンチョを作るとなると、やはり前身ごろだの後ろ身ごろだの、首口だの、袖口だのと、あれこれ必要になって来ます。
まあニットポンチョの場合、袖はなくてもいいとしても、やはりそれ以外の部分は作らないといけないですよね。
ところがところが、困った事に、私の50年の人生の中で、編み物をやったのはたった2回。
それも中学と高校の家庭科の時間に半強制的にマフラーと膝掛けを作らされただけで、ニットポンチョのような衣類は作った事がありません。
何せ、これまで四角い物しか作った事がないもので、いきなりニットポンチョなんて編めるのだろうかという不安が余計にやる気を邪魔します。
ただ、意外とちょっとした作り方のコツみたいなのを教えてくれる記事が少ないと思うのは私だけでしょうか。
ニットポンチョを編みたいと思えば、やはり編み物教室に通った方がいいのでしょうかねぇ。
まあこれはニットポンチョに限った事ではなく、どんな物でもそう、手作りはとても素敵に見えますよね。
下手でもそれなりに暖かそうに見えるんだから、取り敢えず作ってみればいいんじゃないの、と母は言ってくれるし、私もそう思いたい気持ちは大いにあります。
ただ、仕上がりの悪いニットポンチョを手にした時の嫁の反応を想像すると怖い。
そこには、やはりいくら手間と愛情を込めても下手な物は渡せないという現状があるのです。
という事で、本当の初心者のためのニットポンチョの作り方のコツとかポイントを知りたくて、編み物関連のブログやサイトを読んでいるのですが・・・。
こんな私にも上手にニットポンチョが作れる情報サイトやブログがあったら、是非教えて欲しいですね。
PR

スポンサードリンク



[ 2011/10/25 15:33 | 日記 ]



<< メンズのニットポンチョ  |  ホーム  |  ケーブル編みのニットポンチョ >>