忍者ブログ



スポンサードリンク

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク



[ 2018/12/10 10:52 | ]
カラコンとは

皆さんはカラコン、興味を持たれたり、使われた事ありますか。
私はまだないし、余り使いたいとは思わないんだけど、妹なんかは何色か揃えていて、その日の気分や衣装に合わせてコーディネイトしているようです。
そう、カラコンは謂わばサングラスと同じで、おしゃれアイテムの一つなのであります。
というより、至って目のいい人が使うコンタクトレンズ、それがカラコンだったんですよね。
でも、やっぱり目の悪い人がこれだけ溢れかえっている昨今、例え近視や乱視の持ち主だって、やっぱり色つきの綺麗なコンタクトレンズでおしゃれしたいじゃないですか。
そこで近頃は、度入りサングラスがあるように、度入りカラコンというのも次第に増えつつあるようです。
加えて、様々なトラブルを防ぐために、医療器具としてのガイドラインも設けられました。

カラコンを使用する女性たちの目的は、その殆どが瞳の色を外国人のように青く見せたり、黒目の部分を大きく見せる事だといわれています。
でも正直、コンタクトレンズって、出したり入れた利が大変なのに、女性の美に対する努力は実に素晴らしいなぁっと思います、て、私も一応女性なんだけど・・・。
それにしても、度の入っていないカラコンをコンタクトレンズと呼んでも本当にいいのだろうか。
視力補正用の目がねとサングラスが違うように、カラーコンタクトとコンタクトレンズは区別するべきではないだろうかと思うのは私だけでしょうか。
しかし、実際には角膜に直接接触させて使うレンズ全てがコンタクトレンズに該当するようで、この定義からいうと、カラコンは立派なコンタクトレンズなんですよね。
そう、角膜にコンタクトするレンズという事でコンタクトレンズ、う~ん、なるほどねぇ。

カラコンはコンタクトレンズである以上、例えおしゃれアイテムであっても、それなりのリスクは伴います。
そう、カラコンは本来、決してサングラス感覚で使用してはいけないものなんですよね。
また、安価なものだと、直射日光などを浴びた際、着色料が溶け出し、目の中に入るという事故も起きる可能性があると言われています。
ですから、カラコンを使用する場合は、まず自分自身でしっかりした知識を身に付け、医師の意見を仰いだ上で購入する事が大事だと言えるでしょう。
まあね、そうしたしっかりした情報や知識は、ネット上のブログやサイトから収集されるといいと思います。
今流行のカラーコンタクトカラコン、正しく使って、ステキな眼差しを演出して欲しいものですね。
PR

スポンサードリンク



[ 2011/09/21 15:46 | 日記 ]



<< 激安カラコンの選び方  |  ホーム  |  マザーズバックの通販 >>