忍者ブログ



スポンサードリンク

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク



[ 2018/12/10 11:59 | ]
ニットポンチョとは
ニットポンチョが今年の冬は流行ると言われていますが、皆さんはもうすでにお持ちですか。
防水性のないニットポンチョがなんで流行るのか、どうしても不思議に思えてしかたがないんですよ。
勿論、このポンチョ=カッパという固定観念自体に大きな問題がある事はよ~く分っているんですよ。
それに、ニットポンチョそのものもイメージ出来るのですが、どうやら若かりし日の光景が頭の中に焼き付いていて、ハデに邪魔をしているようです。
ポンチョを着る機会と言えば、海やスキー場などのアウトドアの場面で、着る目的は防寒+防水でしたから、ニットポンチョでは意味がなかった訳です。
先ほども話した通り、どちらかというと、レインコートに近い用途だったんですよね。
だから、毛糸で出来たニットポンチョでは意味がなかったんです。

ニットポンチョのおしゃれ度と防寒性はかなりのものだろうと思います。
でも、ニットポンチョを海や山などのアウトドアの場面で着るのはやっぱりもったいないじゃないですか。
どうしてもすぐに汚れてしまう海や山では、ビニール製のポンチョの方が実用的だろうと思うんですよね。
だとしたら、街中でポンチョを着る習慣のない私には、ニットポンチョの必要性も低いという訳です。
上下に分かれているレインコートは屋外での咄嗟の脱ぎ着がしにくいし、おしゃれなワンピース形式のレインコートを汚すのは惜しい。
けれど、もともとポンチョは中南米の先住民が着ていたマント式の防寒着だったそうですから、それを考えると、ニットポンチョも大いにありなんですよね。
だから、本当はニットポンチョをコートの一つとして取入れたいという気持ちもあるにはあるんですよね。

ニットポンチョはその名の通り、ニットで出来たポンチョです。
取り分けケーブルアミノニットポンチョなら、ちょいと器用な人なら簡単に作れてしまいますからね、コーディネイトの幅も益々広まるというものでしょう。
そんなこんなを考えても、これからはニットポンチョは冬のメインアイテムになりそうですね。
私もいつまでもポンチョ=ビニール製のカッパというイメージを捨てないといけないなぁっと思ってね。
アパレル関連のブログやサイトを読みながら、ニットポンチョを受け入れられるように努力している今日この頃です。
PR

スポンサードリンク



[ 2011/10/21 15:46 | 日記 ]



<< ニットポンチョの編み図  |  ホーム  |  ブランド問屋で狭山茶を大量割安購入 >>